- 科学的に証明された知識を手に入れ、日々の生活をUPDATEする-

1グラムのあるスパイスを食べると6時間認知能力があがるみたい!

ããªã¼åç æ°´çã®ä¸ã«ä¹ãã¤ã³ããã·ã¢ã®è¾²æ°
朝食時に1グラムのターメリックを食べると、記憶障害のある人の記憶を改善する新しい研究が報告されました!
研究自体では、参加者に1グラムのウコンを通常の朝食に混ぜて与えたそう
 
彼らの作業記憶は、朝食の前および後に試験され、結果はプラセボ対照条件と比較されて測られたそうです。
台湾の研究を率いたWahlqvist教授は、その結果を説明しています。
この控えめな朝食の追加は、糖尿病前の高齢者では6時間以上の作業記憶を改善した。
ウコンは、料理分野、特にアジアで広く使われている黄色のスパイスです。その特徴的な黄色はウコンの3〜6%を占めるクルクミンと呼ばれる物質によって特徴づけられてるみたい。認知症に関連する記憶障害を減少させるのに有効な効果を有すると考えられるのはクルクミンだそうです。
Wahlqvist教授は、この研究でテストされた作業記憶の重要性について説明しています。
ワーキングメモリは、計画、問題解決、推論などの認知能力に欠かせない、最も重要な精神的能力の1つと広く考えられています。
作業記憶の評価は簡単で便利ですが、認知の評価や将来の障害や痴呆の予測にも非常に役立ちます。
出典: