- 科学的に証明された知識を手に入れ、日々の生活をUPDATEする-

記憶力を高めるためには書くよりも描く??

ããªã¼åç, ç»æ, çµµç­ï¼ç»ç­ï¼, çµµã®å·, ã¹ã±ããããã¯

この研究は、四半期ごとの実験心理学ジャーナル
http://journals.sagepub.com/doi/10.1080/17470218.2015.1094494
に掲載されています。


絵を描くことはより強く記憶をするのに役立つことが報告されました。


絵自体そのものの品質は問題ではないとの調査結果もあることから、
これは技術的、才能が何であれ、誰もが技術から恩恵を受けることができることを示唆しています。

実験の内容というと、
研究では「りんご」のような簡単に描かれた複数の言葉が与えられ、
2つのグループに分かれ、
1つのグループは40秒間大声で繰り返し、他グループはそれを描きました。
その後別の仕事をして1分後、できるだけ多くの言葉を思い出すという実験をしました。

Wammes氏はその結果を説明しました:

「書かれた言葉に比べて描かれた言葉には、想起上の大きな利点があることがわかりました。
参加者は書かれた言葉より2倍以上描かれた単語を思い出したそうな。
私たちは、この利点を「描画効果」と名づけました。これは、言葉を書くことに比べて単語を描くというこの独特の利点を指しています。
研究者たちは、描画命令を調整して、メモリに何らかの違いがあるかどうかを確認しようと試みました。

重要なのは描いた作品の品質は重要ではないと思われ、芸術的な才能に関係なく、
誰もがこの「描画効果」の恩恵を受けることができるということを示唆しています。

これに沿って、私たちは、人々が写真を描くのにわずか4秒であっても、後の記憶で大きな利点を得たことを示しました。
研究の次の段階は、より複雑な言葉に同じ原則を適用できるかどうかを見ることだそうです。