- 科学的に証明された知識を手に入れ、日々の生活をUPDATEする-

複数のSNSを使っている人は○○になるリスクが3倍になるらしい。

ããªã¼åç, 人ç©, 女æ§, å¤å½äººå¥³æ§, çªã£ä¼ã, æ鬱, ã¢ãã¯ã­


7つ以上の異なるSNSを使っている人はうつ病リスクの3倍に上がるという心理学の研究が報告されています。


FacebookYouTubeTwitterGoogle Plus、Instagram
Snapchat、RedditTumblrPinterestVine、LinkedInの11の人気SNSについて
19歳から32歳の米国の大人1,787人を対象とした2014年調査の結果だそうです。
(日本では有名になってない物もいくつかありますね。)

 

これらのうち7~11つのSNSを使用していた人はうつ病のリスクの3.1倍だったそう!
彼らはまた、高レベルの不安症状を有するリスクの3.3倍のリスクを有していたのこと。

この研究を率いたBrian A. Primack教授は、次のように述べています。

「この協会は、臨床が複数のSNSの使用に関するうつ病や不安を患者に尋ね、
SNSの使用が症状に関連する可能性があると医師に相談することは十分できる。
この調査では、うつ病や不安を抱える人々が複数のSNSを探しているのか、
複数のプラットフォームを使用して何かがうつ病や不安につながるのかどうかはわかりませんが、いずれの場合でもうつ病には何らかの関係がありそう。」

マルチタスクが精神にあまり良い影響を与えないことは既にいわれてたりするんで、
SNS使い分けて使用するのは負荷がかかりそうですね。。

この研究は、コンピュータ行動誌ジャーナル
https://doi.org/10.1016/j.chb.2016.11.013
に掲載されました。